先月、AdcoleのデータをPDF形式で保存することができ、多くの疑問が生じたと述べました。すべてのAdcole装置は、後でプロセス制御と検索のためにSPCデータを保存します。しかし、2009年頃以降、Adcoleのすべての機器で出力レポートとエラープロットをPDF形式で保存できる機能があることはご存知ですか?いくつかのゲージにはこの機能がさらに長く搭載されています。 2009年以降に出荷またはアップグレードされたゲージがある場合は、この機能を有効にする必要があります。これを行うには、PDFの使用条件を設定し、出力レポートルーチンの初期設定を少し変更する必要があります。セットアップが完了すると、すべての出力レポートはc: gagedata pdf-reportディレクトリにあります。すべてのエラープロットは、c: gagedata pdf-graphディレクトリにあります。デフォルトディレクトリはgage.iniで設定することができ、上記の例とは異なる場合があります。

モデル911,1200、および1100ゲージでPDFストレージを有効にするには、ルーチン300がc: gagedata nitialxxxx.forに追加されます。このルーチンは、出力レポートおよびプロットルーチンに影響します。ルーチン300は各ゲージで同様に動作しますが、特定のゲージ設定情報についてはヘルプファイルを参照してください。モデル911では、ルーチン300は以下のように構成される。

300(世界ソフトウェアの場合は400)PDFの使用方法を設定する

A.0- PDFを使用しない
1-report / plotをPDFに保存する
rtn 194 C = 1/163 C = 1
2-report / plotをPDFに保存して印刷する
rtn 194 C = 1/163 C = 1
3-report / plotをPDFに保存する
rtn 194 C = 2/163 C = 1

 

モデル911カムシャフトゲージでは、ルーチン194が出力レポートを生成します。 1100および1200ゲージでは、ルーチン154がこの機能を実行します。

PDFストレージの設定に関する質問、または他のゲージモデルでのPDF出力の設定については、Adcole Field Service(1-800-858-5802)にお問い合わせください。