5年後、約20億マイルの航海(別の地球飛行を含む)、ジュノ宇宙船がついに木星に到着しました。ジュノは現在、「惑星の王」を周回しています。ジュノの使命の主な目標は、ジュピターの周りの重力場と磁場を正確にマッピングし、水素と酸素の比(水分の存在)を調べ、木星の巨大さ雲と大気の雰囲気ガス。ジュノは、木星の強い放射場の測定も行います。

Juno用Spinning Sun Sensor(SSS)には、地球軌道の内側から木星までの広いダイナミックレンジに対応するための複数のゲインとスレッショルド設定が含まれています。さらに、このセンサーは、木星からの高いアルベドの存在下で適切に動作するように特別に修正されました。木星の周りの放射線や充電環境は太陽系で最も深刻で、Spinning Sun Sensorはこれらの環境で適切に動作するように設計されています。