6月24日、2016アトラスVロケットは、MUOS衛星アレイの5番目と最後の衛星を、Adcoleの FSS 高精度ファインサンセンサー(FSS データシート)。

Adcole Sun Sensorは、姿勢の決定、計測器のポインティング/方向付け、ジャイロの更新を提供することにより、あらゆるタイプの宇宙船において重要な役割を果たします。 Adcoleの太陽センサの精度と信頼性は、数百に及ぶ宇宙ミッションの一部であり、豊富な飛行の遺産につながっています。私たちの太陽センサーは、水星、火星、土星、木星、冥王星などに向けられています。MOU(Mobile User Objective System)は、Lockheed-Martinによって開発された米海軍の革新的な通信衛星アレイで、

エキサイティングなアトラスの打ち上げを見ることができます。こちらロッキード・マーティンの MUOSページ。