光学式刺激装置


"alt =" Adcole光学シミュレータ "width =" 500 "height 光刺激装置はあらゆるタイプのAdcole Soleil Sensorで利用できます。各刺激装置は、太陽センサヘッドに機械的に取り付けられ、センサの太陽電池を直接照らすLEDを含む。光刺激装置は、完全な精度を試験することを意図していないが、センサの完全な動作を示すことができる。アドコール刺激装置は、熱真空適合性である。

各光刺激装置は、刺激装置内の各LEDに駆動信号を提供する専用の刺激装置制御パネルにケーブル接続される。コントロールパネルには、刺激装置のフロントパネルのスイッチとコントロールが含まれており、ユニバーサルAC電源入力(85〜265 VAC、50/60 Hz)によって電源が供給されます。刺激装置のケーブルの長さは最大30 m(100 ft)です。

必要に応じて、コントロールパネルは、外部コンピュータまたは他の制御デバイスからのリモートコマンドを受け入れることもできます。パネルの後部の別個のコネクタは、外部装置からの制御信号を受け取り、刺激装置状態信号を戻す。