News

ニュース

限定セクターオプション

最近のニュースレターやブログ記事では、LobingとChatter Measurementsについて議論してきました。定義によれば、ロービングは、限定された角度ウィンドウ上の真円度データを見る。私たちの標準的なFFT Chatter Analysisは360度の全データを分析します。しかし、連続していないチャタリングパターンがある場合、データセットのより小さい部分に分析を集中させることが有用な場合があります。小さな角度範囲で発生する信号は、分析がデータの100%を超えて実行される場合、振幅がより低く見えることがあります。分析を特定の角度範囲に限定することにより、チャタ振幅のより正確な表現を得ることができます。 FFTチャッター解析用のAdcoleのソフトウェアパッケージには、ジャーナルとカムシャフトローブの両方の制限された角度範囲を見るオプションがあります。適切な分析を行うには、十分に広いセクターが使用されていることを確認する必要があります。セクターが小さすぎると、結果が歪んだりUPRが不十分になったりすることがあります。アドコールのサービス部門がこのオプションをお手伝いします。 FFT Chatter Analysisの角度範囲を制限することに興味がある場合は、弊社サービス部門に +1 -508-485-9100
August 23, 2018
新闻

有限的部门选择

在我们最近的时事通讯和博客文章中,我们一直在讨论Lobing和Chatter测量。根据定义,Lobing在有限的角度窗口上查看圆度数据;我们的标准FFT Chatter Analysis可分析完整的360度数据。但是,当存在非连续的聊天模式时,将分析集中在数据集的较小部分上会很有用。当在100%的数据上执行分析时,在小角度范围内发生的信号可能看起来具有较低的幅度。通过将分析限制在特定的角度范围,您可以更准确地表示颤振幅度。用于FFT颤振分析的Adcole软件包包含用于查看有限角度范围的选项,包括轴颈和凸轮轴凸角。为了进行适当的分析,您必须确保使用足够宽的扇区。扇区太小会导致结果失真和/或UPR判定不佳。 Adcole的服务部门可以帮助您选择此选项。 如果您有兴趣设置FFT颤振分析的有限角度范围,请联系我们的服务部门+ 1-508-485-9100  
August 23, 2018
ニュース

歴史的な冥王星フライビーの新しい地平線に乗っている太陽光センサー

7月14日、NASAのニューホライズン宇宙船は、冥王星の表面を8000マイル離れた冥王星の表面を通過した9½年後に、30億マイルの旅を終えました。この宇宙船は過去10年間をかけて、太陽系の最初の「調査」を完了し、冥王星、その最大の月のカロン、および冥王星の環境の画像とデータを収集しました。 Adcoleは、このような歴史的なプログラムの一部であることを非常に誇りに思っています.Newizは、Fine SensorとSpinセンサーモジュールで構成された完全冗長Adcole Sun Sensor Systemを搭載しています。冥王星システムへの9・1/2年の旅の間、ニューホライズン宇宙船はスピン・サンセンサー機能に依存してスピンが安定していた。近接アプローチとフライビーの間、ファインサンセンサーを利用してNew Horizo​​nsプラットフォームは3軸安定化されました。これらの「通常の」タスクに加えて、AdcoleのSunセンサーはNASAの科学者によって、宇宙船がPlutoとCharonを通過したときの様々な測定と読み取りを行うための科学機器としても使用されていました。 ニューホライズンのためのSun Sensor Systemの設計における重要な課題の1つは、ミッションの過程で太陽強度の大きなダイナミックレンジでした。 1000:1のダイナミックレンジで成功したパフォーマンスはすでに冥王星の出会いと共に発生しています。今後のKuiper Belt Object(KBO)の出会いは、さらに大きなダイナミックレンジを伴います。
August 23, 2018
新闻

Adcole Sun传感器登上历史悠久的冥王星Flyby的新视野

7月14日,美国宇航局的新视野号太空船经过我们太阳系的9年半,30亿英里的旅程,在冥王星的8,000英里范围内通过。太空船在过去的十年里完成了太阳系的第一次“调查”,收集冥王星,其最大的卫星Charon和冥王星的环境的图像和数据,因为它继续以超过每小时30,000英里的速度穿越太空。 Adcole非常自豪能成为这样一个历史性项目的一部分 - New Horizo​​ns太空船配备了完全冗余的Adcole太阳传感器系统,包括精细传感器和旋转传感器模块。在冥王星系统的9年半旅程中,新地平线航天器依靠旋转太阳传感器功能旋转稳定。在近距离接近和飞越期间,New Horizo​​ns平台采用精细太阳传感器进行3轴稳定。除了这些“常规”任务之外,当太空船通过冥王星和卡戎时,Adcole的太阳传感器也被NASA科学家用作科学仪器,以执行各种测量和读数。 设计新视野太阳传感器系统的一个重大挑战是在任务过程中太阳强度的大动态范围。冥王星遭遇时已经在1000:1的动态范围内成功表现。即将到来的柯伊伯带对象(KBO)遭遇将涉及更大的动态范围。
August 23, 2018
ニュース

Lobing and Chatter 2/2

パート1 から引き続き 前述のように、Adcoleゲージのロービング測定では、丸めデータの限られたセクタ内で最大ピーク間振幅が示されます。差異が繰り返し起伏の一部であるか、単一のインスタンスイベントであるかは問題ではありません。一方、Adcole Chatter測定は、反復信号の特定のUPRと振幅結果を見つけるために使用されます。その場合、UPRコンポーネントを使用して原因を追跡し、その原因となった特定の機械を特定することさえできます。各測定には長所と短所があります。 FFT Chatter解析は、測定データの周期的なパターンを特定し、異なる重複信号をUPRと振幅成分に分離することができます。ただし、不連続パターンの振幅を判断する能力には限界があり、スクラッチやフラットスポットなどの単一のインスタンスイベントを特定するための適切なツールではありません。 一方、ロービング測定は、測定ウィンドウ内の最大の山と谷を報告することができるため、フラットスポット、スクラッチ、または非クリーンアップの小さなセクターのようなものを見つけるのに適しています。しかし、ロービングの場合、360以上のウィンドウを計算せずに様々な周波数を分離する実際的な方法はありません。それでも、ピークからピークまでの振幅全体が特定の攻撃の頻度の結果であると仮定しています。実際には、多数の周波数成分が存在する可能性があり、重複し、合計振幅から加算または減算する可能性がある。ロビングは、データセット全体に適用されるものよりも厳しいウィンドウに許容範囲を適用することによって、限られた角度範囲にわたってデータの急激な変化を検出するのに最適です。たとえば、仕様では6ミクロンの丸み誤差が許容されますが、30度のウィンドウでは誤差が2ミクロン以下に制限されます。 ロービング仕様は、ジャーナル内のステップやスクラッチなどの単一発生の異常を検出するのに有効です。 Chatterは、粉砕装置の振動信号を示す繰り返しパターンや、粗い操作パターンがまだ存在する(クリーンでない)状況を見つけるのに役立ちます。両方のタイプのエラーは、クランクシャフトに機能上の影響を及ぼします。チャタリングとロービングの適切な組み合わせは、原因を突き止めて診断するのに役立ちます。しかし、2つの仕様は相補的であり、一方は他方を完全に置き換えることはできません。 いつものように、私たちは、このや他の投稿に関するお客様の考えを歓迎します。この情報とは異なる、あるいはあなたの経験から学んだことは何ですか? 注:Adcoleは今月オンラインビデオトレーニングを発表しています。まだ投稿を読んでいない場合は、こちら
August 23, 2018
en_USEnglish

NEW OptiShaft

Optical Shaft Measuring System

Measure Within Seconds!
LEARN MORE
This is default text for notification bar