Adcoleは、Adcoleゲージに新しい部品をプログラムするのに必要な時間を大幅に短縮する新しいゲージプログラミングインターフェイスを発表しました。このユーティリティは、革新的な出力駆動型ユーザーインターフェイスのため、学習に必要なオペレータトレーニング時間が大幅に短縮され、パートプログラミング、シーケンス構築、レポート作成がよりシンプルで合理化されます。

Adcoleゲージに部品を設定するには、ユーザが報告する機能を選択するだけで、ユーティリティが検査シーケンスを作成するだけです。 SPCおよび出力レポートテンプレートも生成されます。

この画面イメージからわかるように、適切なボックスをチェックすることによって、個々の測定パラメータをパートエレメントに適用することができます。この例では、中心偏差、直径、真円度、端部の逃げ角に対する主軸受公差を定義しています。これらのフィーチャは、ゲージ出力レポートに表示されます。メインベアリング機能を定義しているので、すべての電源は緑色で表示されます。

このユーティリティは、ニーズに合わせてカスタマイズすることもできます。常に測定するフィーチャセットがある場合、または使用可能なオプションを制限したい場合は、カスタムフィーチャリストを作成して保存することができます。これは、オペレーションのソートや新しいパーツタイプのプログラムの作成に役立ちます。

選択と入力は、同様のパーツまたは同様の操作で再利用できます。保存された書式は.xmlファイルに書き込まれます。

新しいインターフェースは、現在、新しいAdcole 1100および1200ゲージモデルで利用可能で、一部の古い機器に後付けすることができます。他のゲージ・モデルやカムシャフト・アプリケーションも現在開発中です。 Adcoleの新しい出力駆動インターフェイスのデモンストレーションを確認し、アップグレードオプションについて話し合うには、販売代理店に連絡するか、 sales@adcole.com までAdcoleに電子メールを送信してください。